ドラクエウォークをポケットwifiで体験!速度制限や通信量についてご紹介

「ドラクエウォークをポケットwifiでやりたいなぁ~」

ポケットwifiの契約を検討している方に向けて、ドラクエウォークを実際にプレイしてわかったことをご紹介いたします。

・ポケットwifi×ドラクエウォークの通信量はどれくらい?
・ポケットwifi×ドラクエウォークは速度制限中ができるの
通信量を減らす方法が知りたい!
・ポケットwifiでドラクエウォークをやるデメリットが気になる

ポケットwifiはこのwimaxで体験

当記事はポケットwifi=WiMAXのプロバイダーのひとつ『Broad WiMAX』を使っています。

お供の端末はW05です。

WiMAXでドラクエウォーク。通信量は100MBって本当?

「ドラクエウォークは通信量100MBは使う!」

という口コミを見ましたが本当なのか調べました。

今回はドラクエウォークのウォークモードで12時から17時まで新宿を歩き周った結果、

5時間で20Mbps

つまり、

1時間で4Mbps

ドラクエウォークで通信量100MB使うには25時間かかります。

ドラクエウォークは位置情報ゲームなので、歩いていないと何も起きません。しかし歩きスマホが原因で交通事故など他の方に迷惑がかかります。

その対策として『ウォークモード』が実装されました。

ウォークモードを起動している間は、自動で近くにいる敵と戦闘やかいふくスポットで回復をしてくれます。経験値やアイテムも獲得してくれる便利な機能です。

ただし、インストールなど事前準備通信量が100MB以上かかります。

ドラクエウォークをはじめるのに必要な通信量一覧

ドラクエウォークを始めるのに、インストール以外にも通信量がかかります。

  1. インストール
  2. ゲームをはじめるためのデータのダウンロード
  3. 通信量を抑えるためのデータをダウンロード
  4. ウォークモード解除のクエスト

① インストールにかかる通信量は?

ドラクエウォークをインストールするのにかかる通信量は、

約82MB

さらにゲームをするのに必要なデーターをダウンロードします。

② ゲームをはじめるのに必要なデータ。通信量は?

インストール以外にゲームをするのに必要なデーターをダウンロードします。

ダウンロードにかかる通信量は、


約84MB

③ 通信量を抑えるためにデータを事前にダウンロード

ドラクエウォーク公式で通信量を抑える方法として、ゲームを始める前にデータの一括ダウンロードを推奨しています。

一括ダウンロードにかかる通信量は、


約76MB

さらに、ウォークモードを解除するのにクエストを1つクリアーしなくてはいけません。

④ ウォークモード解除までかかった通信量は?

ウォークモードは解除しないと実装されません。

解除するまでにかかった通信量は、


25MB
(※この通信量は個人差がでます。)

チュートリアルも兼ねているので通信量がかかるのかもしれません。

 

まとめると、インストールからウォークモード解除まで約300MBの通信量がかかりました。

WiMAXでドラクエウォークのウォークモード。2つの注意点とは?

WiMAXでやるときに気をつけておきたいポイント2つご紹介します。

  1. 地下に要注意!
  2. 電車移動などは止まる

① 地下は要注意!

WiMAXは地下などでネットが切れることがあります。

【地下鉄】地下鉄のだとネットはつながりますが、走行中はダメです。

地階デパートなどの地下1Fは大丈夫ですが、地下2Fの一部で切れることがあります。

今回も、

新宿伊勢丹の地下2F
地下鉄大江戸線の走行中

で気がついたらネットが切れていました。

ネットが切れると、ドラクエウォークは下のようなエラーメッセージが表示されたまま止まっています

通常ネットがつながる場所に移動すると、勝手にネットは繋がります。

ただ、ドラクエウォークはOKボタンを押すまでエラーメッセージ画面のままなので、いくら歩き回っても経験値を稼ぐことはできません。

② 電車移動中はストップ!

ドラクエウォークはウォークモードを含めて一定速度を超えるとキャラクターが立ち止まってしまいます。

そしてプレイヤーが止まったところまで、高速で移動してきます。

例えば、山手線。

新宿駅から代々木駅まで乗っているとき、キャラクターは新宿駅で立ち止まっていて、電車が代々木駅に到着すると、キャラクターも代々木駅まで高速で移動してきます。

そして、駅周辺に敵がいると戦い始めます。

自転車や自動車も同じ。

信号で止まると近くにいる敵と戦い始めます。

 

次にスマホについてわかったことをご紹介します。

スマホでドラクエウォーク。3つの注意点

スマホでやってわかった気をつけておきたいポイント3つご紹介します。

  1. ウォークモードはバックグランドでは動かない。
  2. スマホをロック。残念ながら動かなくなる。
  3. スマホが熱くなる。WiMAXの端末は熱くならない。

※ WiMAXは関係ありません。

① ウォークモードはバックグランドでは動かない

スマホのバックグランド状態でドラクエウォークのウォークモードをやると戦闘など一切やりません。

ドラクエウォークをバックグランド状態で立ち上げておくと、勝手に落ちてしまいます。

② スマホをロック。残念ながら動かなくなる

ドラクエウォークのウォークモード中にスマホのロックをかけると、動かなくなります。

つまり、戦闘など一切やらない

ロックをかけた場所で立ち止まっていて、ロックを解除した場所まで高速で移動してきます。

③ スマホは熱くなる。WiMAXの端末は熱くならない。

普段からスマホをお尻のポケットに入れている方。

ドラクエウォークしていると、スマホは熱くなり、WiMAXの端末(W05)は熱くなりませんでした。

両方をお尻のポケットに入れていたのですが、スマホのほうだけホッカイロをお尻に直張りしているかのように熱くなるので気をつけてください。

WiMAXが速度制限中!ドラクエウォークはできる?

「WiMAXの速度制限中はドラクエウォークはできない!」

という口コミを見たので調べました。

結果から言うと、

速度制限中でもドラクエウォークはできます

Broad WiMAXを含めWiMAXは直近3日間の通信量が10GBを超えると速度制限が適応されます。

速度制限は18時から26時ごろまで適応されます。

その他の時間の通信速度は通常どおり。

WiMAXの速度制限中の通信速度は?

「WiMAXは速度制限中は使い物にならない!」

なんていう人もいます。

WiMAX(Broad WiMAX含む)は速度制限中の通信速度は1Mbpsになることを発表しています。

1MbpsあればYou Tubeの480P動画をサクサク観ることができる通信速度。

実際はどうなのでしょうか?

当サイトが調べたところ、Broad WiMAXではアップロードはわずかに1Mbpsを下回っていたものの、ダウンロードは1Mbpsを超えていました。

なお、上はバッテリーセーブモード(通信より充電の持ちを優先)で計測。

通信を優先にしたハイスピードモードでは、

とアップロードも1Mbpsを超えました。

ただ、速度制限中は2デバイスの接続はムリ。

例えば、速度制限中にディザリングで2台につなげると通信速度は激遅。

一人なら速度制限中にドラクエウォーク(ウォークモード)をしながら、ググったりしても少し表示に時間がかかるものの特に不便に感じることはありません。

ドラクエウォーク中は予備バッテリーが必要

スマホのバッテリー100%の状態で5時間プレイするとバッテリーの残量20%まで落ちていました。

途中ググったりしましたが、バッテリーの減りはかなり速いです。

そのためバッテリーの予備は必要です。

Wimaxの端末のバッテリーは?減りは少なかった

スマホに比べてWiMAXの端末(W05)のバッテリーの減りは少なかったです。

端末の設定をバッテリーセーブモードにしたおかげか(?)5時間プレイ&調べ物などもして下のようにかなりバッテリーが残っています

充電器は『5000mAh』であれば十分だった

充電器は5000mAhスマホ&WiMAXの端末の充電を100%にすることができました。